2017年04月

これが私の選択なのだ、と、私を信じてあげたい。私の選んだ道を、私が進むことを、肯定して守ってあげたい。前進するための準備を、私は今まさにしているのだ、と、抱き締めて、前へ促してあげたい。
私を愛しいものとして抱き締める。たとえ形から入るとしても、心が伴っていないとしても、私のことを抱き締めてあげること。決して忘れず、毎日を生きる。船橋の生活。明日で1週間。

 黒が好きだ。死と生のすべての色。遠くで見つめていたい。

↑このページのトップヘ